愛犬のための保険

愛犬のための保険

愛犬のため

少子高齢化社会に突入し、種々の問題が指摘されています。
経済成長が望めないなどの見方もあり、どうにか対策を講じようとしても、なかなか功を奏したことができないような状態です。
けれども、子供を望んでいる人が多々いることも確かですが、経済的な不安が大きく、あえて子供を持たないようにしている夫婦も多いようです。
そういう夫婦、あるいは、独身者にも含まれるのでしょうが、ペットを飼うことで、子供を持つ代わりとしていることも多いようです。
中でも犬については、馴染みの深いペットでもあり、猫を飼っている人も多いようです。
ひと頃前までは、犬は番犬、との意識が強く、防犯のために飼っている人が多かったようです。
しかし、1990年代後半あたりからペットブームとなり、しかも、室内で犬を飼う人が増えました。
そうして、欧米のようなペットの家族化が進み、犬ももちろん、その中に入ります。
今では、新築の集合住宅では、ペットが飼えなければ居住が来ない、との言われもあり、ペット可あるいはペット相談、という物件が、一般的なようです。
中には、ペットの種類に特化した物件もあるようです。
以前は、集合住宅に住んでいるので、飼いたいけど飼えない、ということが普通でしたが、変われば変わるものでしょう。
けれども、ペットを飼えば、それなりの責任が必要であり、なおかつ、病気などにも対応する必要があります。
残念ながら、人のような公的保険はないですが、民間からペット保険というものがあります。
ペットの家族化が進んでいるため、加入者も増えているようです。
始まりは、イギリスからとのことで、それがヨーロッパとアメリカに広がり、日本には、1980年代からサービスが始まりました。
1990年代後半には、日本版金融ビッグバンにより、保険業法が改正され、ペット保険に関する整備も整えられたようです。
おそらく今では、市民権を得た保険とも言えます。
このサイトでは、そんなペット保険に焦点を当て、犬との関係を述べています。
一体、どのような特徴などがあるのでしょうか?
お役に立つ内容であれば、と思っています。

話題になっている保険の情報はこのサイトでチェックしてみてください!!

Copyright (C)2014愛犬のための保険.All rights reserved.